身体障害者認定について

身体障害者認定について

身体障害者手帳は、身体に障害のある方が、いろいろな支援制度を利用するために必要な手帳です。各種福祉サービスを受けることを希望される方は、ぜひ身体障害者手帳を申請して下さい。

申請には、申請書、指定を受けた医師の診断書などが必要です。

視覚障害に関する身体障害者申請用紙をお持ちいただければ、当院で必要事項を記入させていただきます。

身体障害者に該当するかどうかは、当院までお尋ね下さい。

身体障害者認定の基準(視覚障害)

級別 視覚障害
1級 両眼の視力の和が0.01以下のもの。
2級 1 両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの。
2 両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が95%以上のもの。
3級 1 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの。
2 両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの。
4級 1 両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの。
2 両眼の視野がそれぞれ10度以内のもの。
5級 1 両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの。
2 両眼による視野の2分の1以上がかけているもの。
6級 1眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力の和が0.2を超えるもの。

ご注意

ここにおける視力とは、もっとも適切に屈折異常を矯正した状態で測定した視力のことです。また、視野異常はゴールドマン視野計もしくはそれに類する視野計にて測定した視野を基準に判定することになっています。

TEL:072-952-1116
問診表ダウンロードできます

ご自宅のパソコンからA4サイズで印刷した後、ご記入して来院時にお持ちください。当日、受付で記入する手間がはぶけ、待ち時間 を短くすることができます。

小児専用問診票(小学生以下)

小学校以下の初診のお子様には、「小児専用問診票」にご記入ください。

よくある質問
身体障害者認定について
ケイエスコンタクト
グラッシュビスタ